今や必須事項になりつつある住宅塗装!そんな住宅塗装の基礎知識を分かりやすく解説

当サイトは今や必須事項になりつつある、住宅塗装の基礎知識を分かりやすく解説しています。
初めて住宅の塗装を考えている人にもおすすめです。
住宅の塗装の基本的な役割に関しても、このサイトで解説しています。
なぜ塗り直しをしなくてはならないのかという疑問も解決されるはずです。
それから、住宅の塗装に使用される塗料の種類にも触れています。
住宅の塗り直しをする際、どういった塗料を選べば良いかの参考になるかも知れません。

今や必須事項になりつつある住宅塗装!そんな住宅塗装の基礎知識を分かりやすく解説

住まいを良い状態に保ち長持ちさせるために欠かせないのが住宅塗装ですが、初めてなので良く分からないという人も多いのではないでしょうか。
一口に住宅塗装といっても様々なものがあり、基本的なものとしては外壁・屋根の塗装と内壁の塗装などが挙げられます。
屋外の住宅塗装は建物の耐久性を高めるために行われます。
内壁塗装は壁紙クロスを貼る代わりに壁を塗料で塗って仕上げる方法です。
クロスとは異なる質感があり、お洒落なインテリア空間を作るために選ばれています。

住宅塗装に最適な季節はいつ頃?

最近外壁の塗装が剥がれてきているのが気になり、新しくリフォームしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
住宅塗装は10年以上経つと劣化してくることが多い為、少しでも気になる部分が出てきた場合には思い切って修繕してしまった方が良いのです。
ただし、住宅塗装を依頼する場合には、丁度良い季節になってから行うことが大切になってきます。
例えば、梅雨の時期である5月や6月に依頼をしてしまうと、雨によって折角塗った塗料が流れ落ちてしまう危険性があるのでむいていません。
それならどの季節が最も最適なのかと言うと、一番良いとされているのが3月から4月の春の時期、または9月から10月の秋がベストと言われています。
なぜその時期が最も最適なのかと言うと、住宅塗装はしっかりと乾かせる環境にないと十分な仕上がりにならないので、雨や風の強くなるような時は行わないのが鉄則だからです。
このような理由を把握しておくことで依頼のタイミングもつかめるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

住宅塗装では気温も大きなポイント

住宅塗装は一般的に湿度が重要と考えられていますが、実は気温も大きなポイントになるのではないでしょうか。
極端に空気が冷たいと住宅塗装が一向に乾かず、作業が進まないということになります。
塗装が水分を含み湿った状態が続くわけですから、ホコリが付着して仕上がりが汚くなりがちです。
水が氷る極端に寒い気温でなくても、住宅塗装にとっては大敵ですし、やはり作業の妨げになりやすいといえます。
住宅塗装は最低でも5℃、余裕を持って10℃以上の条件で作業を始めるのがポイントです。
温度が上がればそれだけ塗料が乾きやすくなりますし、ホコリの付着も抑えられるので綺麗に仕上がります。
これは外壁や屋根だけでなく、室内の塗装についても同様で、室温が低いと塗料が乾かず汚い仕上がりになる恐れがあります。
屋外だと難しいですが、室内であれば予めストーブで部屋をあたためておき、それから作業を始めるのが乾燥の遅れや仕上がりのトラブルを避けるコツになるのではないでしょうか。

住宅塗装の一般的な工程とかかる日数

これから住宅塗装を会社に依頼する場合には、そこまで専門的なことを依頼者が知っておく必要はありません。
しかし、基本的なことや作業工程等を理解しておくと良いかもしれません加えて、完成するまでにかかる日数等も重要になります。
作業の1つとしては、住宅塗装はまず足場の設置が必要になりますその後外壁をきれいにしてから、修復を行っていく流れです。
その後、3回塗料を塗って完成する流れになるわけです。
一方で、どれぐらいの日数が必要かは一般的に2週間ほどと言われています。
2週間かかる理由は、それぞれの作業工程が若干複雑だからと言えるでしょう。
場合によっては、それ以上の時間がかかってしまうこともあるかもしれません。
例えば、雨などが降っている場合は外で作業ができないこともありその分だけ時間が必要になります。
雨が降ることを考えれば、なるべく雨が降りやすい梅雨の時期等を避けた方が良いかもしれません。
また真冬や真夏何度も時間がかかってしまいます。

住宅塗装の平均的な費用と内訳を確認しておこう

古くなってきた家も住宅塗装をすることできれいさを保ち、腐食などを防ぐことが可能になります。
そんな住宅塗装にどれくらいの費用が掛かるかは気になるところですが、塗装の塗料によっても大きな違いがあります。
かかる価格は安いですが、耐久年数が4~6年程度しかもたないアクリルで50万円程度、12~15年と長い耐久年数のガイナでは90万円程度となっています。
大きな価格の開きがあり、塗料の種類の違いでおよそ二倍近くが開きがありますが、長い目で見れば長い耐久年数を誇るガイナなどの方がコスパが良いといえるでしょう。
住宅塗装での費用の内訳はどのようになっているかという例を表すと、塗料代と足場代に20%ずつ、施工費と利益で30パーセントずつになっています。
もちろん業者によっても内訳は異なりますので例の一つとして捉えてください。
内訳についてはやはり塗料の種類により違いが出てきます。
例えばウレタンとシリコンでは、塗料だけで6倍近く変わってしまいます。

住宅塗装に関する情報サイト
住宅塗装の基礎知識

当サイトは今や必須事項になりつつある、住宅塗装の基礎知識を分かりやすく解説しています。初めて住宅の塗装を考えている人にもおすすめです。住宅の塗装の基本的な役割に関しても、このサイトで解説しています。なぜ塗り直しをしなくてはならないのかという疑問も解決されるはずです。それから、住宅の塗装に使用される塗料の種類にも触れています。住宅の塗り直しをする際、どういった塗料を選べば良いかの参考になるかも知れません。

Search